序章③ ランスのスロ史

NO IMAGE

 

こんにちは、依存症のランスです(笑)

 

前回に続き悪戦苦闘の日々でございます。ネット検索でブログやパソコンの勉強中です。

しかし、本当に便利な世の中になりましたね。(今更かな・・・)

分からないことがあってもネットで検索すれば大体の情報が出てきますからね。

そういったサイトやブログを作成している運営者の方は本当に尊敬します。

自分もいつかはそうなれたらと思い頑張る次第でございます。

 

早速、本格的に実践記事等も投稿していきたいものですが

まだまだ、ブログの設定が追いついてないので、現在は過去の実践を下書きして

投稿する記事を貯めこんでいる状態です。

 

ということで、今回はランスのスロットにまつわる話を投稿していきたいと思います。

 

私、ランスは10代の時にパチンコ・スロットに出会い現在に至る訳でありますが

スロットデビューは、ちょうど4号機のハナビが導入された頃でした。

その頃のメイン機種といえばサンダーV、ハナビ、などアルゼ系のAタイプ全盛期でありました。

山佐のシーマスター、コングダム、アラベスクなんかも大好きでした。

その当時は、5000円握りしめてスロット打ちに行ったりと、とにかく楽しい時代でした。

また各店舗にオリジナルの○○モノなんかもありましたね(笑)

まあ、好きだった機種をあげたらキリがないのですが

この時代がランスのスロットの礎となります。

その後、B-MAX、大花火などの大量獲得機やCT機のアステカ

液晶搭載のスロットやAT機、ストック機が続々デビューしてきました。

 

その後、4号機の規制が始まり撤去され、5号機時代の幕開け、現在の6号機へと

至る訳でありますが機会があればこういった、昔の機種の年表を作成し、記事なども書いていければと思っています。

 

以上、4号機世代のおじさんのお話でした。

 

≪≪ランキングに登録中です≫≫

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 スロットブログへ

にほんブログ村

応援お願いします。    byランス